50代の美容

50代女性がかかりやすい脱毛症って?治療はできるの?

薄毛対策

「最近、髪の毛の元気がないな」、「髪の毛が少なくなった気がする…」など、50代女性は髪の毛の悩みを抱える人が多くなります。薄毛は、もともとの体質が原因と思っていませんか?

50代女性ならではの、ホルモンバランスの乱れなどで、薄毛につながるケースは多いです。ですから、いくら若い頃から髪の毛の悩みとは無縁でも、50代になってから悩む人は少なくありません。

注意したいのは、薄毛や抜け毛の原因のなかには、治療が必要な病気が潜んでいることもあるということ。

今回は、50代女性がなりやすい、脱毛症の種類や特徴、治療を行いたい時のポイントについてご紹介します。

50代女性は薄毛になりやすい!?

薄毛

年代とともに、変化していく女性の身体。50代になると、多くの女性が更年期の症状に悩みますよね。閉経を迎える平均年齢は、51歳と言われています。卵巣機能は45歳から低下し、徐々に女性ホルモンの分泌量が減ることで、その身体の変化から様々な症状が出やすくなります。

薄毛も、その1つ。ホルモンバランスの乱れは、薄毛や抜け毛を引き起こす原因です。さらに、ストレスや過度なダイエット、不規則な食生活や運動不足など、いくつもの要因が、薄毛や抜け毛の原因にもなりうるんです。

え~!これ、全部当てはまる

という人、多いでしょう。
子育てが一段落したとはいえ、毎日の家事や仕事で重要なポストを与えられる50代、毎日を健康的に過ごす工夫は後回しになってしまいがち。

さらに、避けることのできない老化も、薄毛や抜け毛が起こりやすくなる1つの要因です。加齢に伴って、頭皮は固くなり、内臓の機能が低下し血流が悪くなることで、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなることで、コシやハリのない髪の毛が生えやすくなるんだそう。

これって、年をとって自然に起こることなら、しょうがないのか…

確かに、加齢は防げませんが、ストレスの解消や食生活の改善、適度な運動で対策し、できるだけ薄毛が進行しにくい身体づくりを行うことはできます。

気を付けたいのが、薄毛や抜け毛の原因が、必ずしも「年をとったから当たり前に起こる」ことばかりではないということ。なかには、治療可能な病気が原因の脱毛症もあるんです。

病気が原因?一般的な抜け毛との見分け方

薄毛

病気が原因の脱毛症と、一般的な抜け毛を見分ける方法があります。あくまでも目安なので、もちろん病院できちんと診断を受けることは必要ですが、参考として知っておくと便利。

いつもの抜け毛

髪の毛には、寿命があります。ストレスを加えなくても、ある期間過ぎれば、自然に抜けてしまうのが通常です。

髪の毛は、うぶ毛の状態で生えはじめて、成長・退行・休止というステップを踏んでいきます。その寿命はおよそ4年~6年程度。季節や天候で、いくらか量は変わりますが、だいたい1日に90本くらいは抜けてしまいます。

自然に抜け落ちた髪の毛は、スッと太さが同じで、毛根にはふくらみが見られます。

病気が原因?な抜け毛

一方で、治療可能な病気が原因の抜け毛の場合、いつもの抜け毛とは違う点がいくつかあります。

まず、抜ける量が明らかに多いこと。そして、髪の毛を見ると、所々で太くなったり細くなったりしていること。毛根にはふくらみが見られないこと。

これらの状態がみられる場合、脱毛症やその他の病気かもしれません。もしかすると、治療で抜け毛が改善したり、これまで知らなかった病気の治療が早い段階ではじめられるかもしれないんです。

病気が原因の脱毛症ときくと、ちょっと不安に思うかもしれません。でも、考え方によっては、治療が必要な病気に早く気づけるという、前向きな考え方もできます。

ちなみに、脱毛症が病気かどうかについては、様々な意見があるようです。今回は、医療機関で治療ができる脱毛症をメインにご紹介するため、病気という表現をしていますが、その点についてはあまり深刻にとらえないほうが良いかもしれません。

脱毛症の種類

薄毛

脱毛症には、いくつもの種類があります。加齢や生活習慣ばかりが原因でないものもあるため、気になる人はチェックしてみましょう。

円形脱毛症

若い人でも起こりうる、脱毛症です。よく言われてきたのが、ストレス。最近は、自己免疫疾患の1種と捉えるのが一般的だそうです。

自己免疫疾患って、ちょっと分かりにくいですよね。簡単にいうと、円形脱毛症の場合、本来はウイルスなどから私たちの身体を守るはずの細胞が、何らかのきっかけによって自分の毛根を攻撃することで起こるそう。

見た目からして明らかに、加齢による薄毛や抜け毛とは違いますから、区別はしやすいですよね。丸くキレイに一部分だけ毛髪がなくなるため、見てすぐに分かりますが、目立たない部位だと手ぐしをしている時に違和感に気づいたり、美容師さんが先に気づくこともあるようです。

びまん性脱毛症

50代女性の薄毛に悩む人のなかで、もっとも多いと言われています。タイプは主に2種類あり、1つは女性ホルモンの減少によるものです。FAGA(女性男性型脱毛症)とも言われ、全体的にボリュームがなくなり地肌が見えたり、生え際から後退するように薄毛になるなどの症状があります。

もう1つは、休止期脱毛といって、抜け落ちる段階の髪の毛の割合が増える症状により、全体的に髪の毛の量が減るタイプ。

びまん性脱毛症の原因は、男性のAGAと同じとは言えないため、治療法もコレ!といったものがないのが現状です。ホルモンバランスの他に、ストレスや食生活、薬の副作用なども要因とされるため、これらの生活習慣を改善することが主な対策として紹介されています。

脂漏性脱毛症

加齢により、頭皮は乾燥しがちで固くなると言われていますが、なかには皮脂が過剰に分泌されて炎症を起こす人もいます。頭皮に残った皮脂にホコリなどがたまって、細菌が繁殖し、炎症を起こしてしまうもの。炎症を起こした頭皮からは、元気な髪の毛が育たなくなり、抜け毛につながります。

脂分の多い食事や、残ったヘアケア剤などが原因となることもあるため、日頃の工夫で改善することができそうですね。

批糠性(ひこうせい)脱毛症

頭皮の乾燥のしすぎにも注意が必要です。乾燥したフケが大量発生すると、フケが毛穴を塞いでしまいます。そのフケをダニや細菌がエサにして繁殖し、毛根が炎症を起こすと髪の毛が成長できず抜けてしまう症状です。

原因としては、ホルモンバランスの偏りやアレルギーという説がありますが、まだはっきりとは断定されていません。洗浄力の強いシャンプーの使用や強く洗いすぎることで症状が悪化することもあります。

牽引性脱毛症

世代問わず女性がなりやすい脱毛症です。ポニーテールなど、髪の毛が引っ張られることで起こるため、毎日同じ髪型で結んでいるなど、心当たりがある人は注意しましょう。いつも同じ分け目にしている場合や、エクステをつけている場合、毎日コテでセットするなども、牽引性脱毛症の原因につながります。

要は、髪の毛を引っ張ることで頭皮も引っ張り、血流が悪くなり、髪の毛に栄養が行き渡りにくくなったり負担がかかりすぎることで抜け毛につながります。

ヘアセットのバリエーションを増やす、分け目を変える、頭皮のマッサージをするなどの対策で改善することがあります。

薬の副作用

薬抗がん剤の服用で抜け毛が起こる可能性があるのは、よく知られていますよね。その他にも、痛風や高脂血症、うつ病の薬など、副作用として抜け毛につながる可能性があります。

50代は要注意!抜け毛が伴う病気

「50代の薄毛や抜け毛は、加齢によるものが多いんでしょ?」とあまり注意しないかもしれませんが、なかには治療が必要な病気によって抜け毛が起こる場合もあります。

甲状腺の病気

バセドウ病や橋本病など、甲状腺の病気によって抜け毛が起きることもあります。甲状腺は、のど仏の下にあり、新陳代謝を促すホルモンを分泌している器官です。何らかの原因により、ホルモン分泌に異常が生じて、抜け毛につながることがあるんです。

婦人科系の病気

卵巣や子宮、乳房など、女性ならではの婦人科系の病気によって、ホルモンバランスが乱れると、抜け毛につながる可能性があります。若いうちから定期的な検査が必要ですね。

脱毛症で病院に行くメリット

薄毛対策

「抜け毛だけで病院に行くのって、おおげさじゃない?」と思われるかもしれません。でも、抜け毛の原因が治療可能なものかどうか、判断するのはプロではない限り難しいですよね。

もし、抜け毛や薄毛に悩んでいて、どうにかしたいと思った時には、病院で相談するのが一番効率的です。近年では、薄毛専用のクリニックも増えています。脱毛症を扱う病院の皮膚科でも診察を受けることができます。

実際に、病院に行くメリットを見てみましょう。

  • 悩みを打ち明けられる
  • 治療が必要な病気の可能性がないか知ることができる
  • 薄毛や抜け毛の原因がわかるかもしれない
  • 治療により改善する可能性がある

薄毛や抜け毛の悩みって、とてもデリケートです。同じように悩みを持っている同年代の女性がいたとしても、よほど親しくて気を遣わない相手じゃないと話題にしにくいのも事実。

その点、お医者さんならプロです。たくさんの患者さんの例を知っているという安心感や、第三者というほどよい距離感で悩みを打ち明けやすいですよね。

さらに、薄毛や抜け毛の原因が必ずしも特定されるとは限りませんが、対策や治療法のアドバイスを受けたり、治療が受けられる可能性もあります。

脱毛症で受診、医療費は?

薄毛

脱毛症で病院を受診する場合、保険適用となる場合とそうでない場合(自由診療)の両方があります。たとえば、円形脱毛症なら保険が適用されますが、びまん性脱毛症の場合は保険適用とはなりません。

保険適用とならない場合、医療費は高額になりがちですよね。事前にクリニック等の公式ホームページで確認したり、無料カウンセリングを実施しているところを探して相談すると安心です。

まとめ

今回は、50代女性の脱毛症についてご紹介しました。

脱毛症といっても、その種類は様々です。今回ご紹介したのは、50代の女性が当てはまりやすいものに焦点を当てていますが、その他にも分娩後に起こる脱毛症や鉄分不足による脱毛症などもあります。

日々の生活習慣の改善により、薄毛や抜け毛を改善することも可能と言われています。しかし、治療が可能な病気などが原因の脱毛症の場合は、生活習慣の改善だけでは不十分なことも。

気になるかたは、女性の抜け毛や薄毛、脱毛症を扱う医療機関の受診も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
華麗に加齢 編集部
華麗に加齢 編集部
50代・60代女性のリアルなお悩みに寄り添いつつ、美しく年齢を重ねる女性の未来を応援しています。