50代の美容

驚異の47歳直伝!ランクル夫人の甲状腺マッサージでアンチエイジング

甲状腺マッサージ

ニノン・ド・ランクル夫人ってご存知ですか?今から300年以上昔のフランスに実在した女性で70歳代のとき30歳代にしか見えなかったと言われています。彼女が若さを保つために行っていたのが甲状腺マッサージ。そんなことで若返るなんてと半信半疑…いえ、まったく信じていなかった私でしたが、新潟県五泉市の咲花温泉で30代前半にしか見えない47歳に出会い、俄然甲状腺マッサージに興味を持ちました!

ニノン・ド・ランクル夫人の甲状腺マッサージ

甲状腺マッサージ

www.france-pittoresque.org
1620年フランスのパリに貴族の娘として生まれたニノン・ド・ランクル夫人。彼女は70歳で顔にほうれい線がまったくなく、シミ・シワのない美貌は、30歳にしか見えなかったそうです。ルイ14世も「我が国の奇跡」と彼女の美しさを称賛したとか。

彼女が美貌と若さを保つために行っていたのが首筋のマッサージ。後にアメリカの実業家サンフォード・ベンネットが、このマッサージ法を研究し甲状腺マッサージとして知られるようになりました。

短命の家系で小さいころから病弱だったベンネットは、家庭が裕福だったので必要な薬はすべて手に入りましたが、50歳代の頃にはまるで老人のように老け込んでいたそうです。そこで薬に頼らない健康法を探し、ランクル夫人のマッサージにたどり着きました。そして若さと健康を取り戻したベンネットは72歳で40歳代のようだったそうです。ベンネットは事故で亡くなったので、もしかしたらまだ長生きしたかもしれませんね。

ランクル夫人も90歳まで長生きしました。

美しさだけでなく健康にもなる甲状腺マッサージ!興味が出てきましたか?

甲状腺の働き

甲状腺マッサージ

なぜ首をマッサージするだけで若さと健康を手に入れることができたのでしょうか?
喉の前面には甲状腺があり、甲状腺からでている甲状腺ホルモンには

  • 脳の活性化
  • 心臓や胃腸の活性化
  • 体温の調整
  • 新陳代謝の促進

    4つの働きがあります。

新陳代謝が促進されることで、肌や髪に潤いを与えてくれます。
甲状腺ホルモンが低下すると薄毛になったり、肌が乾燥したり、痩せにくい体質になるのだそうです。中年太りも甲状腺ホルモンの低下が原因なんだそうですよ!

驚異の47歳!

甲状腺マッサージ

私が甲状腺マッサージを知ったのは、新潟県五泉市咲花温泉にある佐取館で行われたハンドリフレ講習。講師の林妙さんは、なんと47歳なんです!27歳と言われても信じちゃいますよね。講習会は今回特別に開催されたものですが、佐取館でリフレクソロジーなどマッサージをしていただくことはできます。お子さんの学校のPTA会長なども行っているので、必ず予約をしてくださいね。

甲状腺マッサージのやり方

甲状腺マッサージのやり方は、とっても簡単!

甲状腺マッサージ

喉仏の前で手首をあわせ首に密着させます。

甲状腺マッサージ

フェイスラインに沿って、ゆっくりマッサージします。

これを50回繰り返すだけ。

クリームを使うとマッサージがスムーズです。

甲状腺マッサージ

今回使用したのは五泉市の八重桜から抽出した天然成分配合のごせん桜スキンクリーム
低温真空抽出法で水さえも使っていない100%桜の香りがするセルエキストラクト(細胞水)が配合されています。

ごせん桜スキンクリーム

こんな簡単なマッサージで若さと健康が手に入れられるなら、試してみようと思いませんか?TVを見ながら是非チャレンジしてみてください。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの本も参考にしてみてください。

咲花温泉 佐取館

佐取館

林さんの美貌の秘密はもうひとつ。
実は咲花温泉 佐取館の娘さんなのです。

佐取館

美肌の湯として有名な咲花温泉。生まれたときから、こちらの温泉に入っていたのも美肌の秘密なのでしょう。

1泊2日宿泊しただけで、肌がつるつるになりました。

あまり知られていない小さな温泉街ですが、神秘的な翠色をした温泉は体の芯から温まり、心も体も癒されます。

咲花温泉

湯めぐり手形でいろんな温泉をまわるのも楽しいですよ。

佐取館

佐取館は以前秋四宮殿下も宿泊したことがある由緒ある旅館。阿賀野川を眺めながらのんびりと過ごすことができます。

温泉と咲花温泉の奇跡の美女によるマッサージをうけながら、甲状腺マッサージについてもレクチャーしてもらうのも良いですね。

林さんに実際お会いしたら、「甲状腺マッサージ続ける!」と思っちゃいますよ。

 

咲花温泉

咲花温泉 佐取館

ABOUT ME
さとちん
さとちん
旅とグルメとカメラと猫を愛する1964年生まれ。子育てがひと段落して第二の青春を謳歌中。外見だけでなく知識も磨き、若づくりではない年相応の美しい人を目指しています。