50代の趣味

「まんぷく」で始まり「オクニョ」で終わる私の一週間

みなさん見てますか、連続ドラマ。

ここ数年、私の朝はNHKの連続テレビ小説で始まります。平成30年度後期(99作目)の今は「まんぷく」。

月曜から土曜まで毎朝放送される連続テレビ小説は毎朝の楽しみであり、リアルタイムで見ることが日課になっています。

そして日曜の夜に放送されるのがNHK韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」。

「冬のソナタ」が流行した頃は韓国ドラマに全く興味をそそられず、日本のドラマや邦画・洋画ばかり観ていました。

それが60代になった今、韓国ドラマを見たらとても面白い。毎週日曜の夜、眠気と戦いながらリアルタイムで観る面白さは毎週欠かせない楽しみになっています。

連続テレビ小説「まんぷく」

「まんぷく」は日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)さんとその妻・仁子(まさこ)さんがモデルになっています。

戦前から高度経済成長期の大阪を舞台に、時代を懸命に生き抜く夫婦の物語が描かれていくようですね。

安藤百福さんは1910年生まれ。和暦にすると明治43年。ちょうど私の祖父母と同じ年代を生きた方だと思います。

安藤百福さんの著書やインタビュー記事など関連資料はあるものの、妻・仁子さんに関しての書物や資料は少ないそうで、史実に基づいた物語というよりは安藤夫婦を軸にしたオリジナルストーリーになっていると聞きました。

今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」。その創業者である安藤夫婦の波乱万丈な人生をモデルとした世界を、月曜から土曜の毎朝15分だけ共有させていただいています。

主人公の立花萬平を演じているのは俳優の長谷川博己さん。

2010年のNHKドラマ「セカンドバージン」、2011年の「鈴木先生」も観ていて好きな俳優さんです。

今回の「まんぷく」では真面目で純粋、不器用な生き方の主人公を演じていますね。

私だったら彼を支えられるかな?とふと思ったことがありますが、まぁムリですよね。私だったら「どうしよう、どうしよう」と震えてしまいそう。

今は進駐軍に逮捕されて軍事裁判になるか否かの最中。どうなるのか目が離せません。

韓国ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」


「オクニョ 運命の女(ひと)」は2016年に韓国で制作されたイ・ビョンフン監督の作品です。

「監獄で生まれ育ったオクニョが数々の困難に立ち向かい、愛と人生を取り戻す波乱の物語」との通りに、恋愛、迫害、侵害、陰謀…ありとあらゆるトラブルが巻き起こり国を揺るがす事態になっていきます。ひどい!

日本でも1990年頃に話題になったドラマ「もう誰も愛さない」が、一度でも見逃せば話がまったく分からなくなってしまう展開を評してジェットコースタードラマと言われましたが、韓国ドラマも負けてない。

負けていないどころか、時代背景をイマイチ理解していない私にとってはついていくのが精一杯。ほんの少しボーッと見ようものなら「え?なんでこんな展開に?」と巻き戻す羽目になるのでリモコンが手放せません。

イ・ビョンフン監督は「宮廷女官チャングムの誓い」や「トンイ」の演出家として有名なんですね。私は最近それを知って「トンイ」をアマゾンのプライムビデオで観始めました。まだ観終わっていません。

そう、観ても観ても終わらない。それも韓国ドラマの魅力の一つだと思います。

朝ドラの魅力、韓国ドラマの魅力

朝ドラの魅力

  • 1話15分、毎日少しずつ楽しめる
  • あまり進展しないので1回見逃しても大丈夫
  • 舞台や時代背景の知識がある程度あるので馴染みやすい

朝ドラは150〜156話となるのが一般的だそうです。

1話15分、月曜から土曜の1週間6話で1時間半。オープニングや前回の説明をするナレーションを除くと1話10分〜12分、1週間で1時間くらいでしょうか。

150話だと1500分、およそ25時間ほどになります。

韓国ドラマの魅力

  • 1話1〜2時間、日本のスペシャル版並み
  • 急展開で1回見逃したら話について行けない可能性大
  • 舞台や時代背景にあまり馴染みがない

韓国ドラマは100話超えが普通、200話を超える超大作もありますよね。観る気力があるかといったら…ちょっと気後れしてしまいそうです。

1話を90分とすると、150話だと13500分。およそ255時間!?朝ドラの11倍です。これはまとめて観るのは相当気力と体力が必要そう。

見逃したドラマはアマゾンプライムで


どうしてアマゾンプライムで、って思いますか?思いますよね。

理由は「トンイ」で検索したら「Amazon.co.jp:トンイ(字幕版)を観る|Prime Video-アマゾン」が3番目に出てきたから。

押しちゃうでしょう。だって「トンイ」で検索しているんですもの。

そうしたら「プライムで観る」って出てきたから押したら観れちゃったんですよ。あら、ラッキーと観ていたらプライム会員になっていたようで。世の中って怖いですね。

歳を重ねたらその分知識が増えていくのかと思っていましたが、現代は日進月歩すぎてあれよあれよという間に新しいことがどんどん出てきて助かるやら困るやら。

アマゾンのプライムビデオもレンタルビデオ店に借りに行ったり返しに行ったりする手間を考えれば便利なものです。退会の仕方がわからないのを除けば。

面白いドラマが無い、わけではない


なにか面白いドラマないのかな、と思ったことありませんか?

私は数年前「もう私が面白いと思うドラマは無い」と思っていた時期がありました。

刑事ドラマや医療ドラマは苦手だし、暗いテーマのドラマを見ると暗い気持ちになってしまいます。恋愛ものや学園ものはテーマが若すぎる。

いま、もしあなたがそう思っていたとしたら、朝ドラと韓国ドラマを観てみませんか?

いくつになってもドラマは面白い、そう思ってもらえたら嬉しいです。

ABOUT ME
まーさ
まーさ
猪突猛進といわれる亥年生まれ。やり出したらトコトンやりたい、終わらせたい、という思いが高じて朝まで油絵描きや編み物をしていた40代50代。 60代になった今は深夜1時が限界になりました。 今ハマっているのはメルカリ。