ニュース・新商品

70%以上の男女が自分の薄毛対策に後悔?! 早めの薄毛予防が吉。

ヘアラボ調べによる調査で、ヘアラボ会員1,139人を対象に薄毛に関する調査を行ったところ、70%以上の男女が自分の薄毛対策に後悔。調査結果をまとめました。

薄毛に関する調査

男性編

薄毛の人への調査結果

  1. 自身が薄毛になる前に薄毛予防していた人はたった7%しかいなかった
  2. 自身が薄毛だと気づいてから1年以内に薄毛対策を始めたという回答が最も多いが、3割の人は2年以上経過しても何も対策をしていなかった
  3. すでに薄毛となっている約8割の人が、もっと若い頃から薄毛対策をしておけば良かったと後悔している
  4. 本来は20代前半から薄毛対策を始めておけば良かったという回答が最も多く、また、薄毛が気になる以前から予防として対策すべきという声が多かった

薄毛でないが、薄毛予防をしている人への調査結果

  1. 薄毛予防方法のTOP3は「頭皮マッサージをする、育毛剤/スカルプエッセンスを使う、生活習慣を整える」だった

女性編

薄毛の人への調査結果

  1. 約8割の人が、もっと若い頃から薄毛対策をしておけば良かったと思っていた
  2. 「もっと若い頃から薄毛対策をしておけば良かった」と答えた人の中には、まだ何も薄毛対策をしたことがない人が約2割もいた
  3. 自身が薄毛だと感じているものの、薄毛対策を始めることができていない人の一番の理由は、自分に合う対策方法が分からないからというものだった
  4. 薄毛の人が実際に行なっている薄毛対策は、「1位:頭皮マッサージ、2位:育毛剤/スカルプエッセンスを使う、3位:シャンプー・コンディショナーを変える」だった

調査概要

調査対象:ヘアラボ会員1,139人
調査期間:2018年11月27日〜12月3日
調査方法:「薄毛に関するヘアラボ大調査」と題した、ヘアラボ会員に対するアンケート調査
サンプル数:男性559名、女性580名

調査結果

男性編

薄毛の人に対する質問

Q1.薄毛だと感じている人はいつから対策を始めましたか?

A1:半数以上が「薄毛が気になってから対策を始めた」と回答。

最も多かった回答は「薄毛が気になったときから」で、その割合は59%という結果に。

最も少なかった回答は「予防として薄毛が気にならない時期から」で、全体の約7%。

薄毛に対して予防という認識で対策をする人は、非常に少ないということがこの数値からわかる結果となりました。

Q2:薄毛だと感じて対策を始めたのは、どれくらい経ってからですか?

A2: 1年以内に対策を始めている人が最も多かった

薄毛だと感じ始めてすぐ、または1年以内に対策をスタートさせた人が約5割いました。

逆に3年以上経ってから薄毛対策を始めた人も約26%存在していました。

このことから4人に1人は約3年の間、薄毛だと感じながらも対策をしていなかったことがわかりました。

Q3:もっと若い頃から薄毛対策をしておけば良かったと思いますか?

A3:男性の8割以上が、もっと若い頃から薄毛対策をしておけば良かったと思っている

男性
女性

男性の約80%以上がもっと若い頃から薄毛対策をしておけばよかったと後悔している結果となりました。

また、男性と女性で比較すると、その割合は男性の方が約8%高いことがわかります。

Q4:本来ならば何歳頃から薄毛対策を始めておけば良かったと思いますか?

A4:10代で始めておけばよかったと思う人が約3割を占め一番多い結果に

もっと若い頃から薄毛対策をしておけばよかったと感じている男性にその具体的な年齢を確認すると、10代が最も多く3割弱を占めました。

また20代は約4割となっており、10代、20代からの薄毛予防対策が必要だったと思っている人は全体の約7割を占める結果となっています。

Q5:本来薄毛の程度がどのくらいの時期から薄毛対策をすべきだったと思いますか?

A5:約8割の人が、薄毛が気にならない時期から予防として対策をすべきだったと思っている

薄毛対策は、予防として薄毛が気にならない時期から始めるべきだったと思っている人が約8割を占めたことから、「薄毛対策は薄毛になってからではなく予防として始めるものである」という認識が強いことがわかりました。

薄毛でない人に対する質問

Q6:(まだ薄毛ではないが、薄毛予防を行なっている人に対して)予防として何を行なっていますか?

A6:頭皮マッサージを行うという回答が最も多く、7割以上の人が予防対策として行っていた。次いで育毛剤やスカルプエッセンスの使用、生活習慣を整えるという結果に。

将来、薄毛にならないか気にしている人の薄毛予防策として、頭皮マッサージを行っている人が72.3%と最も多い結果に。

その他多かった回答は、「育毛剤やスカルプエッセンスの使用」が55.4%、「シャンプーやコンディショナーを変える」が50.8%と、実際にアイテムを使って予防ケアをしている人が半数以上いる結果となりました。

総括(男性編)

薄毛の人は、10代から薄毛対策をしておけばよかったと思う人が圧倒的に多く、また薄毛が気になり始めた時からではなく、予防ケアが大事であったと後悔している人の割合が8割を占める結果となった。

薄毛ではないが、将来薄毛になることを気にしている人の予防対策としては育毛剤やスカルプエッセンスの使用が半数以上を占め、これらの使用が日常化していることがわかった。

女性編

薄毛の人に対する質問

Q1:もっと若い頃から薄毛対策をしておけば良かったと思いますか?

A1:7割以上の人が、もっと若い頃から薄毛対策をしておけば良かったと思っている

7割以上の人がもっと若い頃から薄毛対策をしておけばよかったと後悔していることがこの結果からわかりました。

この7割以上の人に対して、さらに現在は対策をしているかどうかの質問をしたところ、下記の回答がありました。

Q2:(「もっと早く薄毛対策をした方が良い」と思っている方に対して)現在何か薄毛対策をしていますか?

A2:もっと早く薄毛対策をした方が良いと思っているものの、まだ何も薄毛対策をしたことがないという人は約2割いた

薄毛が気になり対策をしたいと思っているものの、何も対策をしたことがない人が約5人に1人いる結果となりました。

そのほか、過去に何らかの対策をしていたがやめた人が約15%を占めています。

これらの結果から、薄毛対策が必要であると自覚していながらも、できていない人が3人に1人いることがわかりました。

Q3:(まだ何も薄毛対策をしたことがない人に対して)薄毛と感じているのに対策が始められない理由は何ですか?

A3:女性は、自分に合う対策方法がわからないからという理由が最も多かった

男性
女性

薄毛対策が始められない理由として最も多かった回答は、「自分に合う対策方法がわからなかったから」というもので、40%を占めました。

この回答は男性と比べると8%以上も高く、女性にとっての具体的な薄毛対策の認知はまだ高くないということがわかります。

一方、薄毛対策を実際に行っている女性に対して、その具体策を聞いてみたところ、下記の回答が得られました。

Q4:(薄毛の人で薄毛対策を行なっている人に対して)今まで行なった薄毛対策は何ですか?

A4:薄毛の人が実際に行なっている対策は、「1位 頭皮マッサージ、2位 育毛剤/スカルプエッセンスを使う、3位 シャンプー・コンディショナーを変える」だった

具体的な薄毛対策の1〜3位までが20%を超えていることから、女性にとって頭皮マッサージを行うことや育毛剤・スカルプエッセンスの使用、シャンプー・コンディショナーを変えることについては、薄毛対策としては日常化していることがわかります。

総括(女性編)

薄毛対策をしたいと思っているものの何も対策ができていないという女性は、5人に1人に上り、その理由として最も多いのが「自分に合う対策方法がわからない」であった。

一方で、実際に薄毛対策を行っている女性にとって日常化している対策は、頭皮マッサージを行う、育毛剤・スカルプエッセンスを使う、シャンプー・コンディショナーを変えるであった。

※ヘアラボ調べ

ABOUT ME
華麗に加齢 編集部
華麗に加齢 編集部
50代・60代女性のリアルなお悩みに寄り添いつつ、美しく年齢を重ねる女性の未来を応援しています。