50代の美容

友人からの喝で自分に甘い私にさようなら~50代の本気ダイエット4~

ダイエット4

2019年1月からダイエットをはじめて1ヶ月で-1.7㎏。確かに痩せたけど、私の体重なら誤差範囲。本当なら最低でも3㎏は落ちてもいいはずなのに…と、私のダイエットに協力してくれいたダイエットの神様達も不思議に思っていたそうです。

痩せない理由…それは全部私の甘えが原因でした。

デブは言い訳が多い

ダイエット41月はなにかとイベントの多い季節。いろいろ理由をつけて、今日は特別!とダイエット中は控えた方が良いメニューを食べていました。自分へのご褒美も多かったです。
今ならわかります。

太っている頃は言い訳が多かった。

「今日は疲れているから…」「今日はお仕事頑張ったから…」「今日は長男が帰ってきているから…」「子どもたちが食べたいと言うから…」と、自分に甘かったんですね。

運動するように言われても、仕事が忙しいからできないと…

神様キレる。

ダイエット42月3日の節分の日、お昼にかつやでカツ丼を食べ、夜に恵方巻を食べた私。旦那がカツヤに行きたいと言ったから、今日は節分だから恵方巻は食べなきゃいけないしと、言い訳して食べていました。

そんな私についに神様たちがキレました。

以下、グループメッセージから一部転載。

運動できなくても早歩きや区民プールで歩く、歯磨きしながらスクワットなど、出来るはず。カツ丼食べても恵方巻き食べても、消化できる身体になってないなら食べてはダメです。息子さん達は消化できる身体になってるので大丈夫。友達無くしたくなかったら、ご主人にこれ見せて協力してもらってください。

 

なぜ痩せたいのか、なぜ、みんながそれに協力しているのかを、もう一度考えた方が良いです。厳しいことを言われても、それは追い詰めたいからじゃない。みんな、結果を出して欲しいからです。今のダイエットの印象は自分が出来そうと思える都合の良い部分のアドバイスだけを取り入れているように思えます。
アボカドは身体に良い油を含んでいますが、やっぱり脂質です。
豆腐にも脂質が含まれています。トマトは糖質が高い野菜です。
レタスは火を通すと食べやすいですけれど、水溶性食物繊維だから流れますし、ビタミンも過熱で壊れるので、栄養価は低くなってしまっています。そういうマイナス面もしっかり覚えて、取り入れてくださいね。

 

マジで痩せたいならもう鬼になります。マジで痩せる気がないなら、もう何もいいません。このままではプロに指導してもらわないと絶対間に合いません。覚悟が足りないです。覚悟しましょう。

ほんと今以前の自分を思い返すと恥ずかしいです。そして、こんな風に言わせてしまった自分も恥ずかしいし、情けない…。

呆れられるのを覚悟で自分の恥を晒すのは、かつての私のように言い訳ばかりしてダイエットに失敗している人に気付いて欲しいから。

でも、これで私は目が覚めました。くじけそうになったら、この言葉を思い返して頑張りました。

ブロッコリー生活

ダイエット4

冷凍ブロッコリーを大量に入手してください!それから納豆と鯖缶を買いだめしましょう。
そして食べたくなくても、冷凍ブロッコリーと鯖缶と納豆と味噌汁は食べましょう。欠食はだめです。食べないことを欠食といいます。
プロテインはタンパク質不足になったときに追加接種です。プロテイン置き換えるなら夜です。3食満腹まで食べて、それで足りなければおやつです。がんばって!

このアドバイスをもとにブロッコリー生活をはじめました。鯖缶は苦手だったのでツナ缶(ノンオイル)で。

2月の食事

ブロッコリーは嫌いではなかったのですが、食べ続けて1週間、ブロッコリーを見るのもイヤになり…。

神様からのアドバイスで他のものを取り入れながら1ヶ月頑張りました。

ダイエット4

これは糖質が比較的多めのプチトマトが入ってて、ちょっぴりNGな食事。

赤が欲しいときはキムチ!とアドバイスをもらいキムチに変えました。

ダイエット4

中旬からは脂質もプラス。主に卵をプラスしました。

ダイエット4 ダイエット4

後半になるとハムエッグも。

ダイエット4

味噌汁は簡単に生モズクを冷蔵庫に常備。夜、煮干しを鍋に入れておけば、朝は味噌を溶いて、モズクをいれるだけで味噌汁ができます。

こんな食事を続けた結果、2月は3㎏の減量に成功しました!

ABOUT ME
さとちん
さとちん
旅とグルメとカメラと猫を愛する1964年生まれ。子育てがひと段落して第二の青春を謳歌中。外見だけでなく知識も磨き、若づくりではない年相応の美しい人を目指しています。