50代の美容

Coyoriトライアル徹底調査!リアルな口コミと評判を調べてみた!

50代を越えて、素肌の衰えが気になり出す人も多いものです。肌の潤いなどは20代後半頃から徐々に減り始め、50代を越えると一気に肌の水分量なども一気に減るので、肌老化が気になり始めてしまうものなのです。

肌の老化が気になり始める50代からの素肌には、肌に効率的に美容成分を浸透させてケアができるcoyoriがおすすめです。ということで今回は、50代からのエイジングケアに役立つcoyoriの魅力について紹介していきます。特徴や口コミなどに触れていくので、チェックしてみてください。

coyoriの特徴

coyoriにはどのような特徴があるのでしょうか。ポイントがいくつかあるので、一つずつ紹介していきます。

4種の植物オイルを配合

coyoriには植物から抽出したオイルが4種類配合されています。日本人女性の皮脂に近いとされるツバキ油、オリーブ油、柚子種子油、コメヌカ油が含まれているのです。塗ることで自分の皮脂と同様に働き、外部の刺激から肌を保護してバリア機能を高めることができます。

生産者と直接話をして厳選した素材を使用しているので素肌にも効果的に働きます。不飽和脂肪酸を豊富に含むツバキ油や保湿力のあるエキストラヴァージンオリーブオイル、ビタミンEが豊富なコメヌカ油、美肌成分リモニンを含む柚子種子油が含まれているので、効率的に素肌をケアすることができます。

国産の素材をたっぷり配合

肌に効果的な素材を使用することは大切ですが、その基準となるのはどんなポイントでしょうか。同じ素材を使用するにしても、国産の素材の方が品質が良いとされるので、産地にこだわって原料が選ばれているのは嬉しいポイントです。

coyoriでは国産の素材を豊富に配合しているのが大きなポイントです。日本全国から集めた25種類もの素材を使用しています。鹿角霊芝などや酒粕、水茄子やアロエベラなどの様々な素材が使用されているので、肌に効果的なケアをすることができます。

2ステップでの簡単ケア

coyoriは使い方も簡単なのが大きな魅力です。2ステップで手軽に使うことができるので、朝などの時間がない時にも負担なく使用することができます。

coyoriのトライアルキットには化粧水と美容液がついており、基本的にはこの2つのアイテムでケアを完了させることができます。トライアルセットには濃密美容クリームもついているので、化粧水や美容液だけでも肌の乾燥が気になるという人は、スペシャルケアとして使うと良いでしょう。

肌に合わせたケアができるのも嬉しいポイントです。

11の無添加で素肌に負担少ない

どんなに素肌に良いとされる成分が配合されていたとしても、人工の添加物が含まれていると素肌に負担がかかってしまいます。デリケートな肌質の人は、どうしても素肌への負担が気になりますし、添加物によって荒れてしまうこともあります。

coyoriは肌への負担についても考えて作られているので、敏感肌の人でも気にすることなく使うことができます。

具体的にはパラベンや石油系鉱物油、石油系界面活性剤やシリコン、タール系色素や紫外線吸収剤、合成香料や殺菌剤、合成酸化防止剤や旧表示指定成分、動物由来原料が不使用となっています。

シワ効能試験実施済み

肌に良い成分が含まれていたとしても、実際に効果があるのかどうかわからないと使うのをためらってしまうこともあるでしょう。もちろん効果の出方には個人差があるものですが、それでもある程度の効果が見込めないことには使うのも難しいものです。

coyoriではシワ効能試験というものを実施しています。第三者機関によるシワ効能評価試験を行っているので、乾燥小じわを目立たなくするための効能評価について効果が期待できるとされているのです。

ベタつかないので使いやすい

coyoriの化粧品には植物性オイルがたっぷり含まれているので、肌を潤すことができる反面、べたつくのではないかと感じる人も多いのではないでしょうか。

しかしこの化粧品はオイル層が30%、美容液層が70%という2層の設計になっています。これらを上下に振って使用することでオイルと美容液が混ざりあい、オイルが美容液を包み込んだ状態になります。

その結果、べたつきの気にならないテクスチャーになり、肌に乗せてもしっとりと仕上がります。

coyoriの良い口コミ・悪い口コミ

coyoriのスキンケア用品の特徴について紹介してきましたが、実際に使用した人はどんな感想を抱いているのでしょうか。ここからは、coyoriの良い口コミと悪い口コミを紹介します。

良い口コミ

良い口コミ① 「ベタつかないのにしっとり潤う」

coyoriの美容液には、オイルよりも美容液成分が多く含まれているので、たっぷり使ってもベタつきにくいのが大きなメリットです。化粧品の使用感を左右するのがテクスチャーなので、ベタつかずに使用できる点に好感を抱いている人が多くいます。

ベタつかずに使用できる上に使った後は肌がしっとりと潤うので、保湿力の面で満足をしている人もたくさんです。

良い口コミ② 「伸びが良く、使いやすい」

どんなに効果的な成分が含まれていても、使い心地が悪ければやはり毎日使用するのには抵抗が出てきてしまうものです。

肌になじませる化粧品において、伸びの良さは非常に重要なポイントです。coyoriは伸びが良く、少量でもスッと伸びるので、使いやすいのが大きな魅力と言えます。伸びが良いことでベタつくことも少なくなるのです。

良い口コミ③ 「浸透後は肌がすべすべになった」

化粧水や美容液を使う際には肌にしっかりと馴染ませることが大切ですが、馴染ませた後の使用感も大切です。特に油分が多い化粧品は使用後に肌がペタペタするのが気になりがちですが、coyoriの場合はそのような不快感も少ないようです。

肌に成分を浸透させた後は肌がしっとりと潤って、触り心地もすべすべで気持ちいいという意見が多く見られました。

良い口コミ④ 「冬場の乾燥が気にならなくなった」

夏場は湿気が多いので蒸れは気になるものの、肌の乾燥はそこまで気にならないものです。しかし冬場は空気が乾燥するので、乾燥が気になる時期です。特に乾燥肌の人にとっては、冬場に肌のかさつきがケアできるかどうかは非常に重要なポイントと言えます。

coyoriはしっかりと素肌を潤すことができるので、冬場でも乾燥が気になりにくいのが大きな特長です。

良い口コミ⑤ 「和素材を使用しているところに好感が持てる」

coyoriにはシイタケエキスなどの和の成分が含まれているので、素肌に優しいケアができると好感を抱いている人も多いです。

シイタケエキスなどはなかなか化粧品に配合される成分ではありませんが、皮脂膜を作る作用など、肌の潤いアップのために重要な成分でもあります。素肌にも優しいので、肌がデリケートな人でも使いやすいのが大きなポイントです。

悪い口コミ

悪い口コミ① 「脂性肌には不向きかもしれない」

coyoriの美容液にはオイル成分が3割ほど含まれていますが、ほとんどが美容液成分なのでそこまで気になりません。しかし脂性肌の人にとっては、やはりベタつきが気になってしまうこともあるようです。

脂性肌の人にとっては、少しでも油分が増えることで肌荒れを起こしてしまうことがあるので、使用量を少なくするなどの工夫が大切です。

悪い口コミ② 「ニキビができてしまった」

前述のように脂性肌の人にとっては、油分が含まれる美容液オイルを使用することで肌荒れを起こしてしまうこともあります。場合によってはニキビができたりニキビが悪化してしまったりすることもあるので、気をつけなければなりません。

全員というわけではありませんが、ニキビができやすい肌質の人は使用の際に注意しましょう。

悪い口コミ③ 「植物アレルギーは注意が必要」

coyoriには植物成分が豊富に含まれています。合成香料などの添加物が含まれてはいないので素肌に負担をかけにくい設計になっていますが、植物アレルギーを持っている人は注意が必要です。

配合されている成分にアレルギー反応が起こると、肌荒れなどのトラブルが起こる可能性があるので、事前にしっかりと成分を確認してから使用するようにしましょう。

悪い口コミ④ 「メイク前には使えない」

油分が多く含まれているcoyoriのスキンケア用品は、使用するタイミングも気をつけましょう。基本的にはさらっとした質感なので問題ない場合も多いのですが、オイリー肌の人などは肌の油分が増えてメイクが崩れやすくなることがあります。

そのため、スキンケアを終えた後すぐにメイクをする場合には注意しましょう。肌の状態がサラサラに整ってから、メイクを重ねると良いでしょう。

coyoriのトライアルセットの内容紹介

coyoriを使用するなら、最初はお得なトライアルセットがおすすめです。ということでここからは、おすすめのトライアルセットのアイテムについて紹介していきます。

高保湿温泉化粧水しっとり

高保湿温泉化粧水は、美肌の湯といわれる「玉造温泉」の源泉を50%配合した化粧品で、素肌を潤してエイジングケアをするのに効果的です。温泉水は油分と合わせるとなじみやすく、あとに使う美容液オイルの浸透力も高めることができます。

さらに皮脂の酸化を抑えるために効果的なサンショウエキスや、皮脂を作る力が注目されているマイタケエキスも配合されています。

あとに使う美容液オイルの浸透力を高めるために設計された化粧水なので、二つを一緒に使うことで効果的なケアをすることができるのです。

美容液

化粧水で素肌の状態を整えたあとに使うのが、美容液オイルです。美容液オイルにも化粧水同様にサンショウエキスとマイタケエキスが配合されており、素肌のダメージをケアしながらしっとりと潤すことができます。

1本で美容液と乳液、そしてクリームの3つの役割を担ってくれるので、スキンケアの時間が取れないという時でも化粧水とこれだけをつけておけばOKです。オイルと美容液の2層式の設計になっているのでベタつくものなく、快適に使用することができます。

濃密美容クリーム

基本的なスキンケア自体は化粧水と美容液のみでOKですが、それでも素肌の乾燥が気になるという人はトライアルセットに含まれている濃密美容クリームを使用してみると良いでしょう。

美容クリームには、朝摘みバラ「さ姫」から抽出されるエキスがたっぷりと含まれています。バラは古くから美容に用いられてきたもので、さ姫は古くから農薬を使わずに栽培されているので、素肌に負担をかけずにケアができます。

またアロエベラやエゴマといった肌のハリを高める成分が配合されているのがポイントです。

coyoriトライアルセットの使い方

coyoriトライアルセットを使う際には、どのようなポイントがあるのでしょうか。

高保湿温泉化粧水しっとり

化粧水を使う際には、まず500円玉大くらいの量を手にとります。そのまま素肌につけるよりは温めた方が浸透しやすいので、手のひらを合わせて擦り合わせ、化粧水を手の熱で人肌に温めます。温めたら肌につけて顔全体に伸ばし、しっかりと馴染ませます。

一度馴染ませたら、500円玉大の量をもう一度手にとって肌全体に二度づけをします。重ねてつけることで、素肌の潤い感をより高めることができるのです。しっかりと全体になじませて、手のひらで包み込んで肌にしっかり有効成分を浸透させます。

美容液

しっかりと素肌に化粧水を馴染ませたら、次に美容液を使って肌の潤いアップのケアをします。

coyoriの美容液はオイルと美容液の2層式になっているので、まずはボトルを振ってオイルと美容液を混ぜ合わせます。このポイントは非常に重要なので、忘れずに行うようにしてください。オイルと美容液を混ぜ合わせることで肌にさらになじみやすくなります。

しっかり液を混ぜ合わせたら、500円玉大の量を手にとって素肌になじませていきます。顔の中心から外側に向かって肌を軽く伸ばしながら浸透させていきます。肌をこすりすぎるとダメージになってシワなどのトラブルが起こりやすいので、注意が必要です。

濃密美容クリーム

化粧水や美容液を使っても乾燥肌で潤いがあまり感じられないという場合には、濃密美容クリームを使って素肌の潤いをしっかりとキープすることが大切です。

化粧水や美容液を使って素肌を潤いで満たして整えたら、小豆粒大くらいの量を手にとって、擦り合わせて温めます。温めることで化粧水同様、素肌に浸透しやすくなるのです。

肌にのせたら手にひらでクリームを肌全体になじませます。手のひらで肌を軽く押さえるようぬすて、下から上に持ち上げるように動かします。かさつきが気になる部分には、重ね付けをすることでさらに効果的なケアができます。

まとめ

今回は、50代におすすめの「coyori」の特徴や使い方、使用者の口コミなどを紹介してきました。年齢を重ねると素肌の潤い不足を感じてしまうものですが、coyoriを使うことで肌の乾燥をケアすることができます。使い方も簡単なので、忙しい時に手間がかからないのもメリットです。

トライアルセットならばお得に試すことができずので、気になる場合には一度トライアルセットを利用してみると良いでしょう。

ABOUT ME
華麗に加齢 編集部
華麗に加齢 編集部
50代・60代女性のリアルなお悩みに寄り添いつつ、美しく年齢を重ねる女性の未来を応援しています。