ニュース・新商品

BS-TBS「SONG TO SOUL」で「ボヘミアン・ラプソディ」誕生の知られざる秘話を紹介!

アラフィフ世代に大人気のクイーン。

BS-TBSで毎週日曜よる11時~放送中の音楽ドキュメンタリー番組「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」1月13日(日)の放送で、不朽の名曲<クイーン>の『ボヘミアン・ラプソディ』を放送します。

番組では、フレディ・マーキュリーの若すぎる死から27年が経った今、当時の関係者の証言を交え、伝説のバンド<クイーン>の魅力と共に、「ボヘミアン・ラプソディ」誕生秘話を紐解いていきます。

「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」とは?

「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」は、BS-TBSで毎週日曜よる11時~放送中の音楽ドキュメンタリー番組。

2007年12月番組がスタートし12年目を迎え、毎回多くの人々の心に響き続けるソング(名曲)のルーツを辿りながら、音楽を生み出したソウル(魂)と音楽に魅せられたソウル(魂)をつないできました。

初回放送は、2008年6月26日。

ボヘミアン・ラプソディ クイーン番組詳細

番組名 「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」 “ボヘミアン・ラプソディ” クイーン
放送日時 2019年1月13日(日) よる11:00~11:54
内容 世代を超えて受け継がれてきた最高のエンターテインナー・<クイーン>

今回の一曲、「ボヘミアン・ラプソディ」は、鮮烈なメッセージと、複雑な展開と美麗な旋律を併せ持つ。豪華できらびやかなクイーン独自のサウンドを確立した代表作ともいえる。

1992年、フレディ・マーキュリーの死を悼み、エルトン・ジョンやガンズ&ローゼスのアクセル・ローズら世界中のビッグ・ミュージシャンが集結し残されたクイーンメンバーとヒット曲を熱唱するなど、音楽シーンに与えた影響は多大だ。

フレディ・マーキュリーが名曲「ボヘミアン・ラプソディ」を誕生させるに至ったエピソードを当時の関係者の証言をふんだんに盛り込んで紹介。

また、クイーンを愛してやまないというミュージシャンのROLLYが「ボヘミアン・ラプソディ」との出会い、クイーンの魅力を語る。

出演 ROLLY/東郷かおる子(ミュージックライフ元編集長)/伊丹久夫(クイーンの元ボディガード)/ピーター・ヒンス(ローディ)/ゲイリー・ランガン(エンジニア)/ジャッキー・スミス(ファンクラブ秘書)

さらに、番組ではスペシャルグッズのプレゼント企画も実施します。

翌週1月20日(日)よる11時からはオジー・オズボーン本人に取材

翌週1月20日(日)よる11時からは、オジー・オズボーン本人に取材し、「クレイジー・トレイン」をはじめ「ミラクル・マン」の楽曲などを紹介します。

番組名 「SONG TO SOUL~永遠の一曲~」 “クレイジー・トレイン” オジー・オズボーン
放送日時 2019年1月20日(日) よる11:00~11:54
内容 「メタルの帝王」「プリンス・オブ・ダークネス」などの愛称で知られるヴォーカリスト、オジー・オズボーン。

ランディ・ローズと生んだ「クレイジー・トレイン」は、その中でも最もよく知られた作品のひとつとも言える。また、優れたギタリストを発掘する名人として知られるオジーだが、ソロ5作品目にしてザック・ワイルドと生んだ「ミラクル・マン」も紹介。

オジーと彼らの曲づくりとはどのようなものだったのか、本人をはじめ、ソロデビュー以来、彼を支え続けている妻でありマネージャーでもあるシャロン、そして、オジーが最も長く一緒にプレイしているザック・ワイルドを訪ね、この2曲の誕生について探っていく。

出演 オジー・オズボーン/シャロン・オズボーン(オジーの妻、マネージャー)/ザック・ワイルド
ABOUT ME
華麗に加齢 編集部
華麗に加齢 編集部
50代・60代女性のリアルなお悩みに寄り添いつつ、美しく年齢を重ねる女性の未来を応援しています。