ニュース・新商品

今さらネットカフェ?と言う事なかれ!意外と多いシニア客

ネットカフェって使ってますか?
「自宅にパソコンもあるし、スマホも毎日もってし、ネットカフェなんて無用!」っていう人が多数の声というのは知っておりますが、でもそれでは勿体無いというのが私の意見です。今やネットカフェはインターネットだけをするところではありません。意外にも高齢者が通っているのです。

ネットカフェでできること

①インターネット

文字通りインターネットですが、外でスマホだけでは調べられないこともありますね。そんな時にネットカフェに飛び込めば、すでにつながっているパソコンでアレコレ用事を行えますし、その場で印刷もできるという利点があります。

②スマホ充電

ネットカフェに入らなくても、スターバックスやタリーズで充電できるじゃない?いやいや、席も必ず確保できるし、充電しながら、無料のお茶飲んだり、雑誌を読んだりできるからお得度が高い!とくに1人で人の目を気にしないでいられるのが最大の魅力!

③漫画読み放題

漫画読み放題は昔懐かしい漫画を読みかえすシニアが増えています。
私も自宅にまだ持っている漫画もあるのですが、もう昔の漫画なんて整理してしまって持っていないほうが多数ですね。

私は、読み返したくて「地球へ、ポーの一族、ガラスの仮面、王家の紋章、風と木の詩、砂の城、はいからさんが通る、日出処の天子」など読みにいってます。懐かしいでしょ?

④週刊誌・月刊誌読み放題

毎週、毎月発売されている雑誌を買うのももったいない!ネットカフェならいつでも最新版がズラリ。買おうか迷っている雑誌ならここで読めばいいじゃない?

⑤ソフトドリンク飲み放題

普通のカフェと違うのは、紙コップだけどジュースやコーヒー、お茶、スープが飲み放題ということ。2杯飲んだら3時間パックの元は取れるのでは。しかもホットもアイスもあるという点で真夏も真冬も使う価値があるんです!

⑥ソフトクリーム食べ放題

最近はソフトクリームも無料で食べ放題の店が多くなりました。カップに時分で盛り付けて食べるだけ。私なんて必ずソフトクリームを食べます!コスパがめちゃいい!

その他、ビリヤードやスロットなど併用して使える店もあります。

一体、どんな人たちが利用しているのか?

一番気になるのはコレではないでしょうか。ネットカフェ利用歴5年、私の観察では、都会の昼間はサラリーマン、OLの時間つぶしに来ている感じですね。凄い若者が沢山いるというわけでないのは、10代はおこづかいが少ない、昼間は学校があるという事情もあり。

夜は22時からナイトパックがあるので「泊まり」目的がほとんどなんですよ。全国何処のネットカフェへ行っても夜は「泊まり」です。都心は終電を逃した、遊びのための理由が高いですが、地方都市では、車で着て朝の早い山登りや海釣りのために利用している人が多いのです。

冷暖房完備、トイレ・シャワー完備、フードも有料で作ってくれる上に2,000円以下で個室を使えるとなれば、泊まりもなるほどと思います。

大抵は1人で利用していますね。2人で利用者もいますが、団体利用はあまりないようです。

ネットカフェは個室が人気!

不動の人気は個室!

完全個室は、フルフラット席、クライニングするイス席があります。フルフラットは1畳くらいの個室で座面ウレタンマットになっており座椅子がついています。そのため横になれるのでネットをしなくても一時休憩のために利用する人もいるのですよ。

鍵はついている店とついていない店があります。基本的に個室といっても高さ2m前後の木の戸で区切られているだけ。背の高い人は上から覗けてしまうのです。日本人だからあまり不謹慎な人はいませんが、気をつけたい事項です。

店によっては女性専用スペースがありますから、心配な方は女性専用スペースがある店を利用するのが安心です。

オープン席

こちらは個室ではなく、普通の会社の事務所のように他人と一緒の空間の席で、イス席になります。オープンなので真横に人がいますし、プライベート感はゼロ。横にもなれません。そういうマイナス点があるので個室より若干料金が安くなっています。

料金はいくらなんですかっ!

気になるのは料金体制ですね。

入会金はスマホ会員は無料、カード会員は200~300円が多いです。店頭でスマホアプリをダウンロードできるのでアプリに慣れている人はスマホ会員が絶対お得。

時間料金

30分からカウントされ、10分置きに追加料金が発生する料金体制です。大抵30分250~300円、追加料金10分100円前後なので、一時間以上利用する場合はパック料金がお得にる場合がほとんど。

パック料金

3時間、5時間、8時間などパックになっている料金です。3時間なら1200円前後。3時間あればゆっくりネットもスマホ充電も、漫画を読んだり、お茶したり、疲れたらお昼寝。なーんてこともできます。個室だから人の目がほーんと気にならない!

ナイトパック料金

ほとんどの店が22時からナイトパック料金というものを設定しています。

22時~4時、5時までのホテルでいう宿泊料金みたいなものでしょうか。これも1500円前後です。ただしナイトパックは未成年者は使えないはずです。(2019年9月現在)

意外にネットカフェは使い出があるので、覚えておいて損はない場所です!

インターネットカフェ 快活CLUB
インターネットカフェ 自由空間
インターネットカフェ コミックバスター
インターネットカフェ DICE
メディアカフェ ポパイ
インターネットルーム ネトマル

ABOUT ME
矢藤りりか
矢藤りりか
DINKS街道まっしぐらの人生を歩んでいるアラ還です。根はアホですが、OL歴が30年オーバーなのでアホを隠す方法を身につけました! 『定年後の最高の人生を送る為の4K』の記事によると、4Kは『経済力、健康、家族、生き甲斐』だそうです。ここでは皆さんの生き甲斐や解決のヒントとして手助けになる記事を書いていきたいと思います。