ニュース・新商品

台湾に行ったら絶対寄りたい「アジアで最も優れた書店」そして台湾随一のブランド誠品生活がついに19年秋に日本上陸

誠品生活 信義店

日本でとても人気の蔦屋書店が範したとも言われている、アメリカタイム誌が「アジアでもっとも優れた書店」に選んだ台湾の誠品書店

そして食やコスメ、雑貨などもこだわりのものが集められていて長年の台湾好きにはもちろん、最近の空前の台湾ブームにのって訪れたひとにとっても寄りたい場所の1つに上がる誠品生活

そんな人気の誠品生活が19年秋についに日本上陸。そこで今回は大好きな誠品生活について書きたいと思います。

日本未上陸のコスメなどの扱いも多く雰囲気もいいことから時間があるとよく宿泊する雙連駅からアクセスのいい誠品生活信義店によく行くのですが、こちらの店舗にちょっと寄っただけで台湾お土産に喜ばれる阿原(Yuan)のハーブ石鹸やすべての商品に生姜が使われているので有名な薑心比心(ジャン シンビーシン)のハンドクリームなども同じフロアでお手軽に買えて便利です。(どちらにも石鹸からクリームまでシリーズで扱いがありますがこの2つが私の必ず買うものであり、お土産もコスメではこの2つが多いので紹介させていただきました)

阿原 玉蘭石鹸

その他インスタでも有名になった夢のソフトクリームや文具好きにはたまらないインク付きのの羽根ペンやガラスペン、子供にやさしい木で作られたおもちゃなどビルのなかにあるとは思えない雰囲気ある売り場で買い物することができます。

誠品生活

そして台湾に42店舗、香港に3店舗、中国に1店舗(2018.12現在)展開している誠品生活ですが驚くことに同じものは1店舗もないそうです。

台湾と同じものが日本上陸するのも嬉しいですが、おなじものがないと聞くと日本の店舗はどんな感じなのだろうと楽しみが倍増ですね。

今わかっているのは書店部分は有隣堂が担当するそうで、神奈川に住み有隣堂を愛してきたものとしては本の品ぞろえがとても楽しみです。

オリジナルのサービスでつくカバーとは思えない文庫本カバーや有隣堂ならではのコーナーなど本は紙で持っていたい私の好奇心を満たしてくれるとともに癒しの場所になりそうです。

そして気になるのが誠品生活といえばワークショップ。日本の店舗でもワークショップなどおこなわれるのでしょうか。

日本ならではのイベントももちろん、台湾ならではの食のイベントも行われるとうれしいですね。

お手軽に台湾茶、ちょっぴりしっかりめのワークショップになりますが牛肉麺や魯肉飯などの台湾料理。

とってもおいしくてやみつきになるのになかなか日本では台湾で食べた味に巡り合えないので期待してしまいます。

最近の台湾ブームで本格的な台湾で食べた味が味わえることが多くなりましたが、デザートがまだまだ多く台湾ご飯が恋しい私には期待しかない誠品生活日本上陸です。

【誠品生活 日本上陸情報まとめ】

◇2019年秋
◇コレド室町近く JR総武本線日本橋駅直結
◇書店部分は有隣堂

台湾好きには特別な存在と言われる誠品生活の日本上陸。わかり次第こまかくお知らせしていきますね。

ABOUT ME
みにぃ
みにぃ
東京生まれ湘南育ち。今は海沿いから山へ犬猫たちと移住し田舎ライフ満喫中。好奇心旺盛で気になったらすぐ熱中しがちな50代。 食べ歩き、旅行、ハンドメイドが好き。