50代の美容

50代の髪型はこう決める!薄毛でも似合う髪型とは?

50代の薄毛対策

年を重ねるうちに、何となく装いも落ち着いて、上品さを意識している人、多いのではないでしょうか。50代の女性には、若い世代にはない独特の色気があります。いつまでも、おしゃれを楽しみたいと気を遣っていても、ネックになるのが髪の毛。

50代女性は、薄毛に悩む人が多いです。髪質の変化や、ボリュームが少なくなってくると、これまでと同じ髪型が似合わなくなることもしばしば。

もっと似合う髪型ないかな?
薄毛が品祖に見えない髪型ってあるの?

こんな悩み、どう解決しますか?
美容院ですぐに相談できれば良いですが、髪の毛の悩みってとてもデリケート。相談しにくいと感じませんか?

そこで、今回は、薄毛に悩む50代女性が似合う髪型をピックアップ!
これを機会に、新たな髪型に挑戦して、若々しく素敵な外見を目指しましょう!

どうして50代になると薄毛が目立つの?

50代の薄毛対策20代のころには、気にもとめなかった薄毛問題。どうして50代になると、多くの人が悩むようになるのでしょう。

薄毛や脱毛症の原因はたくさんありますが、特に50代の女性に多いのが、「びまん性脱毛症」。

びまん性脱毛症

閉経後、更年期を迎えた50代の女性の身体は、めまぐるしい変化を迎えます。更年期症状として有名な、ホットフラッシュや倦怠感などは、ホルモンバランスが乱れることが大きく関わっていますよね。

卵巣機能が徐々に低下し、ちょうど閉経を迎える時期には、女性ホルモンの分泌量が急激に減ります。女性ホルモンの、エストロゲンは、髪の毛の成長に大切なものです。これが少なくなると、当然、髪の毛の成長が遅くなり、全体的に細くなった髪の毛によりボリューム減、薄毛になるんです。

そして、これまであまり目だっていなかった男性ホルモンが優位になり、これも髪の毛を細くしたりコシやハリを低下させる原因に。

びまん性脱毛症は、髪の毛全体が薄くなるのが特徴。髪の毛1本ずつが細くなり、全体的に薄くなった印象を与えます。男性の薄毛は、治療法が確立されていますが、女性の場合はまだ原因の特定が不十分なのが残念ですね。

50代女性の髪型を決めるポイント

50代の薄毛対策薄毛に悩む50代女性にも、似合う髪型はたくさんあります。

「早く教えて~!」と言われるかもしれませんが、ちょっと待って。まず、基本的な注意点やポイントから抑えておきましょう。

  • ヘアカラーは明るめが○
  • パーマやカラーの頻度を控えめに
  • ブローは根元から立ち上げる
  • 前髪パッツンは要注意
  • 極端な若作りは逆効果
  • ひし形がテッパン!

ざっくりと、ポイントをあげてみました。もう少し、詳しく見ていきましょう。

ヘアカラーは明るめが○

カラーリング「派手すぎるのはちょっと…」と、無難だと思って黒髪に染めていませんか?
白髪を隠すためだけの黒髪、50代になるとかえって不自然になることもあるんです。

どうしても、薄毛が目立つようになると、黒髪は地肌が強調されやすく、ちょっと寂しい印象になりがち。また、髪の毛の元気がなくなることで、艶のなさも目立ちます。

白髪染めするなら、ちょっと明るめがおすすめ。ブラウン系にすると、地肌が目立ちにくく、艶もあるように見えます。全体的に表情が明るくみえて、若々しい印象も与えやすいんです。

パーマやカラーの頻度を控えめに

白髪を隠そうとしてこまめに染めたり、ボリュームを補おうとしてパーマをかけたり…。確かに、薄毛の目立つ50代の髪型には特に良いかもしれません。しかし、若い頃に比べると、カラーやパーマのダメージから回復する力が弱まった髪の毛には、良いことばかりではないかも。

元気な髪の毛を長期的に保ちたいなら、カラーやパーマは最小限に抑えるのがベストです。

そうは言っても、白髪はどうしようもないから

髪型によっては、白髪が目立ちにくいようにセットしやすいものもあります。カラーやパーマを最小限に抑えるには、それ相応の髪型にチェンジすると便利。

ブローは根元から立ち上げる

髪の毛1本1本が細く、ハリやコシのない状態だと、どうしてもペタッとした感じになりますよね。頭をなでるとダイレクトに頭皮にタッチするかのごとく、ペタンとした髪の毛になるため、頭のテッペンが寂しくて恥ずかしいと思っている人も多いのでは。

よく、美容院などでアドバイスされるのが、ブローの方法。忙しくても、ブローによってある程度ボリューミーに見せることは可能です。しっかりと根元から立ち上げるようにしてブローしましょう。

前髪パッツンは要注意

見た目を若々しく見せるとき、前髪はあった方が便利です。しかし、パッツン前髪は50代になると要注意。おしゃれで個性的ではありますが、顔の輪郭が強調されたり、目元が強調されたりと、年齢を感じやすくなることもあります。

顎回りのたるみや、目元のシワ、たるみなどが気になる人は、パッツン前髪を避けた方が無難です。

極端な若作りは逆効果

10代や20代がしがちな髪型をそのままコピーするのも、注意が必要です。50代には、50代ならではの色気や魅力があります。上手に似合う髪型にすると、無理な若作りよりも魅力的で若々しい印象を与えることも可能です。

ひし形がテッパン!

どんな髪型が似合うのかわからない

大丈夫です!

50代の薄毛が気になる人は、とりあえず“ひし形”を意識してみて。トップにボリュームをもたせて、耳の高さあたりで動きをつけてみるだけで、とても若々しくシャープな印象になります。顎回りが気になる人にもおすすめです。

逆に、注意すべきはストレートロング髪の毛の重さで分け目が目立ちやすく、髪の毛が細く元気がないことで疲れた印象を与えがちになります。

50代、見た目年齢は髪型で決まる!

ヘアアレンジ髪型って、見た目の印象をかなり左右しますよね。薄毛やハリ・コシのない髪の毛は、髪型やセットの方法によって、年齢よりもふけて見えることもあれば、若く見えることも。

薄毛で悩む女性にとっては、髪型のチョイスは超重要。これまでの髪型が似合わなくなってきたなと感じたら、それは思いきってイメージチェンジするサインかもしれません。

ショートやボブなど、短めの髪型がよく似合う年代ですから、これまでロングが定番だった人は少し躊躇するかもしれません。でも、これを機に、もう少し広い選択肢をもって髪型を決めてみませんか?

薄毛や細い毛が気になる場合、セットせずにお出掛けするのは難しいでしょう。手付かずの状態だと、どうしてもくたびれた印象になってしまいますもんね。ですから、髪型を選ぶときには、自分がセットしやすいかどうかを考えるのも重要なポイントです。

50代女性におすすめの髪型5選!

50代の薄毛対策実際に、美容院で髪型をオーダーするときには、どんな髪型にしてもらえば良いのか、ヘアカタログなどを参考にするでしょう。同じ世代の女優さんなどを参考にするかもしれませんね。

あまりに選択肢が多いと、悩んでしまいますから、特に50代の薄毛に悩む女性におすすめの髪型を5つピックアップしました!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ショート

ショート

ショートは、これまで無縁だった人にしてみれば、かなり思いきった髪型かもしれません。しかし、メリットはたくさんあります。

  • パーマをかけずともスタイリングしやすい。
  • 短いぶん、分け目を曖昧にしてボリュームが出しやすく、白髪や薄毛をカバーしやすい。
  • 後頭部にボリュームをもってくると、とても美しいシルエットに。
  • 襟足をすっきりとさせると上品で洗練された雰囲気になります。
  • お手入れにかかる時間が短くてすむ。

「ショートってボーイッシュなイメージあるから、抵抗あるな…」と思うかもしれません。しかし、かえって女性らしさが強調されることもあるんです。

ショートボブ

ボブヘア

いさぎよく短いのも良いですが、それでも抵抗があるならショートボブからトライするのもおすすめです。ショートボブくらいの長さなら、ブローだけでセットしやすいためパーマに頼る必要もない点が嬉しいですね。ショートボブは、顔のリフトアップ効果が狙えると言われています。重心が高くなるため、軽さを感じる爽やかな印象や、若々しさも感じやすいですよ。

前下がりボブ

前下がりボブ

ショートに抵抗がある人は、ボブもおすすめ。ボブは、50代女性の髪型のテッパンともいえる、ひし形シルエットが作りやすい点がメリットです。ちょっと前下がりぎみにカットしてもらうと、アレンジの幅が広がりやすいですよ。全体にゆるめのパーマをかけたり、コテで軽めに巻くと、ひし形が美しく決まりやすいです。

エレガントボブ

エレガンスボブ

50代の色気を存分に感じさせるなら、エレガントボブが特におすすめ。ひし形シルエットが作りやすいため、案外セットも楽チンです。前髪の長さによって印象も変わりますが、短くても長くても決まりやすいんです。毛先だけワンカール程度のパーマをかけると、さらに日々のセットが簡単になります。ヘアセットが苦手な人にとっては、とても便利な髪型です。

パーマ×ロング

ロングヘア

ストレートロングは、薄毛が目だったり、疲れた印象になりやすいため50代の女性にはやや不向きと言わざるをえませんが、大きめなパーマをあててスタイリング剤で艶を出すと、女性らしく素敵な雰囲気になります。

パーマをあまりあてたくないなら、コテで巻くなどして、髪の毛に動きを出し、軽やかに見せると明るい印象を与えます。

50代女性の髪型、前髪はどうする?

一般的には、前髪があった方が若々しい印象を与えますよね。特に面長な人は、前髪がよく似合います。

髪の毛が細くなって、前髪をつくるのも難しいと感じるかもしれませんが、軽くパーマをあてて流すようにセットするととても上品です。

前髪をつくらずに、ワンレングスにするのもおしゃれですよね。卵形や丸形の顔立ちなら、ワンレンもよく似合うでしょう。

まとめ

今回は、薄毛の気になる50代女性が似合う髪型のポイントや注意点についてご紹介しました。昔と同じ髪型が似合わないと感じたら、イメージチェンジのチャンスと捉えて、髪型を変えてみませんか?

どうしても、地毛だけでは寂しい感じがする、気になるという人は、ウィッグを活用するのもひとつの方法です。近年では、より自分の髪の毛との区別がつきにくい、オーダーメイドのウィッグを扱うショップも多数あります。

50代の女性は、ストレスが多いかもしれませんが、その年代ならではの上品さや色気があります。ぜひ、自分がより魅力的に見える髪型を探してみてくださいね。

ABOUT ME
華麗に加齢 編集部
華麗に加齢 編集部
50代・60代女性のリアルなお悩みに寄り添いつつ、美しく年齢を重ねる女性の未来を応援しています。