50代の悩み

あなたとこっそり尿もれについて語りたい 〜尿もれと上手に付き合っていきましょう

40代女性で3人に1人以上が尿もれの経験があるそうで。

さすがに、いい大人が「あ、おしっこちびっちゃったー」なんて言いませんし、親しい人でも「尿もれするの…」なんて打ち明けたりしにくいものよね。

しかし、最近では尿もれ対策の吸水パッドのCMがごくごく当たり前のように流れていることから、尿もれさんは意外とあなたの隣にいたりするかもしれませんよ。

そこで、ただただ興味本位で(笑)このような記事(【女性用尿漏れパッドの吸水テスト比較】チャームナップ、ナチュラ等8種類の軽失禁パッドを比べた)を書いた私が、あなたとこっそり尿もれについて語ろうかと。

こんな時に尿もれが起きる!

尿もれには2つのタイプがあります。

ひとつは、「腹圧性尿失禁」。
その名の通り、お腹に力を入れたときに漏れてしまうやつね。

このような時に腹圧性尿失禁が起きやすいです。

  • 咳やくしゃみをしたとき
  • 大声を出したり大笑いをしたとき
  • 縄跳びなどで飛んだ時やスポーツをしているとき
  • 重たいものを持ち上げたとき
  • ふと立ち上がったとき
  • 寒い時や冷えたとき

40代女性に起きる尿もれのほとんどがこのタイプ。

実は私も40歳過ぎてから咳喘息になり、発作で咳が止まらない状態になると”やばい”ことになっちゃう。

これまで経験がない人でも、調子に乗って縄跳びするなんてときには注意してね!

これ… “うっかり”という感じかな。
(自分の意識では何ら”うっかり”していないのですが、”え、やだっ”ってなる、そんな感じです)

もう一つのタイプが「切迫性尿失禁」。
これはトイレに間に合わずに漏らしてしまうもの。

さぁ、とトイレに行ったものの、便座に座る前に出てしまう。
安心感もあるのでしょうけれど、ギリギリまでキープできないのでしょう。

1日に何回も漏れてしまう。

これは膀胱が過敏になっている状態、過活動膀胱が原因です。

「トイレが近い」(頻尿)というのもこれ。
また、夜間に何度もトイレに起きる(夜間頻尿)のもそうです。

こちらの尿もれは”ゆるんじゃってる”っていう感じでしょうか。

尿もれが男性より女性に多い理由って?

尿もれが女性に多いのは2つの原因があると言われています。

「男性より女性の尿道が短いから」

男性の尿道は長く、さらにS字状になっているので瞬時に漏れ出すことが少ないのではないかとのこと。

女性の尿道は太くて短いので、ちょっとした刺激で出てしまう構造になっている違いが、女性に多く尿もれが起きる原因のようです。

「女性は原因となる骨盤底筋のゆがみが起きやすいから」

骨盤底筋のゆがみは腹圧性尿失禁の原因となっています。
特に経膣分娩による出産でゆがみが生じやすいようです。

尿もれしやすい人って?

ロリエの花王の尿もれQ&Aページによるとこのような人が尿もれしやすいのだそう。

チェックしてみましょう。

□年齢が40歳以上
□出産経験がある(特に、出産回数の多い方)
□難産の経験がある
□肥満気味
□せき・くしゃみがよく出る
□便秘しやすい
□膀胱炎になりやすい
□運動をする習慣がない
□筋力があまりない
□ストレスが多い
□ダイエットで極端にやせた

腹圧性尿失禁は骨盤底筋がゆがみやすいと言われる出産経験者に起きやすいとされています。

私は3回の経膣出産の経験があり、そしていい感じにお肉がついている!
咳き込むことがあるし、便秘がち。
それに運動もしません…。

見事に尿もれしやすい人のカテゴリーに入っちゃってます(笑)

尿もれ対策をしよう

軽い尿もれなら改善されます。

同時に尿もれをしても安心していられるように対策しましょう。

骨盤底筋レーニンングをしよう

腹圧性尿失禁の経験がある場合、骨盤底筋がゆるんでいると思って、トレーニングをするといいんですって。

でもトレーニングって聞くと、構えちゃう。
「運動嫌いだし〜」 「器具とか必要だと面倒だし〜」 ってなるけど、そんなの不要。

尿もれケア製品を扱っているメーカーのサイトにトレーニング方法が詳しく記載されています。

尿もれ対策骨盤底筋トレーニング|チャームナップ

尿もれQ&A|さらピュア吸水ケア

尿道口をキュッとしめることができなくて尿が漏れるわけなので、まずは肛門と膣を引き締める体操が効果的!

お尻の穴を締める感じは簡単にできるよね?
スマホ見ている時にちょっとやってみるくらいで、習慣づけていけばOK。

まだ尿もれ経験がない人でも、いつ”ちょろっと”出てしまうかわからないので、トレーニングを心がけておくといいかも。
(続けても効果が見られない場合は専門医に相談しましょう)

尿ケア専用品を使う

漏れてしまうものは仕方がない。
対策しないとね!

そこで、手にしてしまうのは生理用ナプキンではありませんか?
長年、お付き合いしてきたこともあり購入しやすいのではないかと思います。

でも、生理用ナプキンではダメー!

よく考えてみて。
経血と尿って、状態も臭いも全然違うでしょ?
粘度や成分が全く違うものなのです。

今の技術で、それぞれの特性にあった商品が開発されています。
なので、尿もれに「ただ漏れ出さないから」という理由だけで生理用ナプキンを使用していたら・・・。

逆に生理に赤ちゃん用のおむつを当てるって考えてみて。

きちんと専用品を使わないと逆流や不快感、臭いなど、気になることが起こってしまうのですよ。

尿ケア専用品って?

だいたいのお店で、生理用ナプキンとおりものシートと並んで売られているので、もしかしたらうっかり間違えて買ってしまう人もいるでしょう。

通信販売などでは「軽失禁用品」「軽失禁パッド」「尿取りシート・パッド」などのワードで検索しましょう。

あくまでも、”軽い失禁”のための用品。

尿もれ対策というと、「おむつ」を思ってしまいますが、全くそんなことはなく、見た目や使用感は生理用ナプキンやおりものシートと同じ。
とても買いやすく、使いやすいものが多く売られています。

「尿もれパッド」「吸水ライナー・ナプキン」「尿ケア専用品」などなど、品名は様々ですが、「おむつ」じゃないのよ。

多くは生理用ナプキンと変わらないパステルの可愛げのあるパッケージ。
最近では、どんどん薄くなったり、素材が優しくなったりして、使い心地が良くなってきています。
“おむつ感”を感じずに尿もれの対策ができちゃう。

だから安心して尿もれパッドを利用してみて。

尿もれと上手に付き合っていき、快適に過ごしましょう!

現在、尿もれをしていない人の中でも、妊娠出産、産後に経験している人も少なくないと思います。

尿もれは決して恥ずかしいことではないし、ダメなことでもありません。

尿もれパッドをお店で買うのに抵抗があれば、インターネットで買いましょう。
食材と一緒にネットスーパーに頼んでもいいし、雑誌と一緒にAmazonに頼んでもいい。

ネットショップには口コミも投稿されているので、選ぶ参考にもなるわ。
(そして、多くの人が同じ悩みを持っていることに安心しますよ)

使っていた生理用ナプキンと同じメーカーの商品を選んでもいいかも。

私の場合は笑って語り合える友人がいて、全く尿もれに対してヘンな抵抗を持っていません。
また、これから先も多くの時間を共にする夫にも「尿もれが起きることはダメなことではない」とわかってもらい、理解してもらっています。

私とここで語ったことで、少しでも尿もれについての悩みが軽くなり、明るく話せて、パートナーにも理解してもらえるようになるといいなぁと思います。

そして尿もれを気にせず、どんどんアクティブに過ごしていきましょうねー!

※軽尿失禁パッドうち品名が「大人用紙おむつ」と記載されている商品は医師の使用証明があれば医療費控除が受けられます。(詳細は税務署、市区町村の福祉担当窓口に問い合わせを)

尿もれケア参考サイト

各メーカー、各ブランドのサイトで尿もれについて詳しく知ることができます。

ABOUT ME
華麗に加齢 編集部
華麗に加齢 編集部
50代・60代女性のリアルなお悩みに寄り添いつつ、美しく年齢を重ねる女性の未来を応援しています。