50代の悩み

五十肩の痛みは半端ない!! あいつはある日突然やってくる!

「五十肩」は40歳代~60歳代に発症し、その多くが50歳代であることからその名称がついているのですが、正式名は 「肩関節唇損傷(かたかんせつしんそんしょう)」と言います。

加齢による血行の悪化」や「肩関節とその周辺組織の疲労や炎症」とも言われているのですが、体を鍛え抜いているアスリートでも、一般人でも、かかる時はかかるやっかいな病気であり、その原因は完全に解明されていないそうなのです。

でも「あれ?なんか肩が変な感じ…」から始まり「あれれ?痛いのは一瞬だし、大したことないよね?」の痛みが段々と強くなり、回数も増えていくことが自覚が出てくるという「気がついたときには、やって来てたのよ派」と「前触れもく、ある日ギャーなにこれ、痛い!突然やって来ちゃた派」に分かれるようです。

「五十肩」の症状と初期対策

代表的な「五十肩」の症状は、

・肩があがらなくなる
・肩を動かすと痛む
・肩が後に回らなくなる
・痛みで夜中に目覚める

といったところでしょう。いくつか心当たりがありますか?

私の場合は、ボクササイズをしていたので、ジャブ動作が多く、年を考えずに肩を使い過ぎて炎症を起こしたかなという気がしないでもないです。

そして「気がついたときには、やって来てたのよ派」だったので、初めはマッサージ店に行ったり、鍼をしたりとのんびり構えてましたが、痛みは増していくばかり….

涙が出てくるほどになったので、重い腰をあげて整形外科に行くことにしたのです。

遠回りしましたがこれが正解。エックス線撮影をして骨には異常がないこと、医師の診断によって病名がハッキリしました。

病名を明確にすることによって、初めて正確な治療方針が決まるのです。

痛みをなくしたいなら、早く整形外科へ行け!

と、私は声を大にしてあなたに言います!

「五十肩」の治療方針

「五十肩」は激痛を伴う割には、絶対に治癒する病気ですが、人により半年~2年と治療期間は様々。治癒が早い人ほどキチンとした治療法を守っています。

肩関節の動く範囲(可動域)を広げたりするストレッチ運動をする。

肩を動かさないと可動域が狭くなり、益々腕が上に上げられなくなります。そうなると生活に不自由が生じたり、痛みもなかなか引きません。

自宅でできる運動として「振り子運動」がお勧め。

腰を半分に曲げて、腕を下ぶらーんとしたら円を描くように回わすだけ。

初めは何も持たなくてよいですが、痛みが緩やかになったらペットボトルに水を入れて同じような動作を繰り返しましょう。

痛みが激しい時は、肩関節に痛み止めの注射をしてもらう。

「五十肩」は、肩関節可動範囲を広げるため、動かして肩が固くならないようにします。

しかし痛みが激しい時は危険です。安静にしておきましょう。

我慢できない痛みの時は、整形外科で痛み止めの注射をしてもらうこともできます。

私も初期に一回だけ肩関節に注射をしてもらいましたが、ス~~~と痛みが引き楽になりました!

これを機に痛みがドンドン引いていったという記憶があります。消炎鎮痛薬も病院の処方箋で出してもらうと安くてお得!

整形外科で保険が効く電気治療器を利用する。

整形外科では保険が効く電気治療器を使えます。

医師と相談しながら電気治療器を使った治療も効果大!「五十肩」は姿勢も関係あると言われているので、パソコンやスマホを毎日使う人はご用心ください。

私も電気治療器を使った治療は肩関節周辺だけではなく、首を引っ張る機械も使い頭~首~肩まで一連の筋を整えて行きました。

やはり肩だけ重点的にではなく、身体全体のゆがみも関係あるのではないでしょうか。

温泉やお風呂でゆっくり、温める。寒い冬の外出にはマフラーやホカロンを!

熱すぎない38~40℃のお湯に10分以上つかり、芯まで温めほぐすこと。

普段よりゆっくりと入りましょう。血行を良くするのは温めることが一番です。

私はパソコンを使用する時に、電子レンジで温めて肩に乗せる「リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気 首・肩用」をよく利用していて痛みを半減させました。

お勧めリラックス商品

結局行き着く先は、「体だけは大切に!」

「体が資本」っていう意味がイマイチ実感できなかった若かった自分

「体だけは大切に」っていう言葉を心をこめて言う年齢になりました…。

痛みって本当に嫌なものです。あなたの「五十肩」が早く改善しますようにこう助言させてください。

ストレッチは、さぼらないように!

ABOUT ME
矢藤りりか
矢藤りりか
DINKS街道まっしぐらの人生を歩んでいるアラ還です。根はアホですが、OL歴が30年オーバーなのでアホを隠す方法を身につけました! 『定年後の最高の人生を送る為の4K』の記事によると、4Kは『経済力、健康、家族、生き甲斐』だそうです。ここでは皆さんの生き甲斐や解決のヒントとして手助けになる記事を書いていきたいと思います。