50代の悩み

すねがかゆい! 50代の冬の乾燥肌におすすめボディクリーム

乾燥肌

50代になったら急に冬に乾燥がひどくなった! 特にすね、背中、腕の乾燥がひどくてかゆい。そんな方も多いんじゃないでしょうか?

11月くらいから乾燥の酷さは進行するんですが、12月になると粉がふいてきて痒くなってきて、掻きすぎると足が血だらけになっちゃって、痒くて眠れないっていう人も多いんじゃないでしょうか?

乾燥肌 いとう
乾燥肌 いとう
今日は20代の頃から万年超乾燥肌のわたしが、20年かけて研究して体の乾燥によかったボディクリームを紹介します!

そもそも、乾燥肌とは?

乾燥肌とは、肌の水分や皮脂(油分)が足りなくなってしまい、潤いがなくなっている状態で、水分も油分もなくなってしまっている状態のこと。

バリア機能バリア機能がなくなった肌

本来、肌は角質がバリアとなって水分を保持しているのですが、乾燥肌になってしまうとバリアが壊れてしまい、水分が肌から逃げてしまって肌の乾燥をまねいてしまうんです。

乾燥肌は別名ドライスキンと呼ばれ、お風呂に入った後や、クレンジング・洗顔後に肌がつっぱったり、全身がカサカサしたり、痒くなったりしてしまいます。

乾燥は皮膚の中でも皮脂の分泌が少ないところから進行し、特に目元・口元・ほほ・ひじ・膝・脛(すね)・足の裏などが乾燥しやすいです。

乾燥肌 いとう
乾燥肌 いとう
わたしは20代の頃から口元とすねが、夏以外いつも乾燥していました。

60歳以上の人は、75%が乾燥肌や乾燥肌によるかゆみといったトラブルに悩まされているようで、加齢と共に乾燥肌になりやすくなる(かゆみに悩まされる)ことがわかりますよね。

乾燥肌の原因(50代の場合)

足の乾燥

乾燥肌の原因はいくつかありますが、その中で華麗世代(50代)に一番当てはまるのが加齢による皮脂分泌量の減少

年齢と共に水分・セラミドなどが減少し、肌にもともとあったバリア機能が低下してしまうため、お肌の中から水分や油分が減ってしまうんです。

それ以外にも乾燥肌の原因は

  • 空気の乾燥(冷房や暖房によるダメージなど)
  • 強い紫外線によるダメージ
  • 42度以上の熱いお風呂に入る、体や顔の洗いすぎやこすりすぎ
  • ビタミンBの不足

などがありますが、50代・華麗世代の乾燥は確実に加齢が影響していると思われるので、減ってしまった水分や油分をどうやって補ってあげるか? が肝になりますよね。

乾燥肌が進行するとどうなるの?

乾燥肌が進行してしまうと、乾皮症と言われる状態になり、それが進行すると乾燥性皮膚炎になることがあるのだそうです。

乾燥性皮膚炎は、皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)とも呼ばれています。

乾燥性皮膚炎(皮脂欠乏性湿疹)は強いかゆみや赤み、水ぶくれなどの湿疹を併発する症状で、こうなってしまった場合は近くの皮膚科など、お医者さんにかかった方が良さそうです。

乾燥肌の対策

乾燥肌の対策はいくつかありますのでご紹介しますね。

痒くて仕方がない場合は全て実行するのが良いですね。ちなみにわたしは全て実行しています。

保湿クリーム
  • 保湿剤(クリーム)による保湿
  • 加湿器で加湿(60%以上が良い)
  • お風呂・シャワーのお湯はぬるめ(39度〜40度)
  • 体を洗うときは刺激しない(ボディソープを使わずお湯で流すだけでも)
  • ナイロンなどの化繊ではなく綿やシルクなどの天然繊維の肌着を使う

乾燥性皮膚炎(皮脂欠乏性湿疹)にまでなってしまった方は早めにお医者さんへ行かれるのが良いですが、そこまでではないなー、という方はセルフケアでなんとかなりそうです。

50代乾燥肌にオススメのボディクリームランキング

乾燥肌 いとう
乾燥肌 いとう
それでは、超乾燥肌のわたしが20年間かけて使いまくって本当によかったボディクリームを紹介します!
1位 ボディショップ ボディバター
@コスメの口コミランキングや、美的のベストコスメに何度も選ばれているイギリスのボディケア、BODY SHOP(ボディショップ)のボディクリーム、ボディバター。イギリスは室内がセントラルヒーティングにより乾燥していたり、硬水による肌へのダメージなどで乾燥に悩まされている人が多い国。そのため保湿アイテムも充実しています。日本ではイオンが提携しているのでイオンのショッピングモールなどで気軽にいつでも買えるのがいいですよね。
オススメ度
ブランド名 ボディショップ
容量 200ml
価格 2,484円(1mlあたり12.42円)
生産国 イギリス
主な成分 シアバター

詳細ページ公式ページ

2位 カウシェッド ボディローション
イギリス生まれのナチュラルなボディケアブランド。イギリスでは20年以上続くブランドで、ロイヤルファミリーも愛用しているブランドです。全ての商品にこだわりの天然の精油を使い、ナチュラルな成分にこだわって作っています。香りの種類が全部で7種類と多いのもポイントで、その時の気分や体調によって使い分けられるのも楽しいですね。
オススメ度
ブランド名 カウシェッド
容量 300ml
価格 3,800円(1mあたり12.6円)
生産国 イギリス
主な成分 シアバター、カカオバター

詳細ページ公式ページ

3位 メルヴィータ アルガンオイル
メルヴィータはフランスのオーガニックコスメ。1983年に誕生し30年以上の歴史があるブランドです。顔用スキンケアが有名ですが、実は一番人気のアルガンオイルはボディにも使える優秀なオイル! もちろんボディバターもあって、そちらも保湿力は抜群です!
オススメ度
ブランド名 メルヴィータ
容量 50ml
項目名 3,500円(1mlあたり70円)
生産国 フランス
主な成分 アルガンオイル

詳細ページ公式ページ

ボディショップ ボディバター

ボディショップ ボディバターhttps://world.cosme-blog.com/bodyshop-bodybutter

ワセリンはベトベトしてイヤ、ドラッグストアの乾燥肌用クリームは全く効果が感じられなかった(かゆみがおさまらない)わたしが一番好きなのがこれ!

70代の父も冬の乾燥肌の体のかゆみで悩んでいたのですが、これをプレゼントしたらものすごく喜んでくれて3年くらい愛用しています。

香りがたくさんあってどれを選んでもしっとり感は大きく変わらないのですが、老若男女ともに好き嫌いがないのがシアの香りなので、初めての方はシアをオススメします!

https://world.cosme-blog.com/bodyshop-bodybutter

ドラッグストアのクリームよりは価格が高めですが、少量でよく伸びるのと大容量なのでコスパは高いです。

ボディショップボディバターの成分は

水、シア脂、カカオ脂、グリセリン、シクロペンタシロキサン、ババス油、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-100、セテアリルアルコール、シクロヘキサシロキサン、ミツロウ、ラノリンアルコール、フェノキシエタノール、キサンタンガム、ベンジルアルコール、水酸化Na、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料、カラメル、黄4

となっており、主なうるおい成分はシア脂(シアバター)

色々使いましたがやはりシアバター中心の成分が入っているボディクリームが一番かゆみを感じない実感があります! ということでわたしのナンバーワンはこれ!

乾燥肌 いとう
乾燥肌 いとう
ボディショップのボディバターと出会ってから、すねが全然痒くないので超幸せです! 悩んでる人は全員買うべし!

購入はこちら

カウシェッド ボディローション

https://uknaturalbodycare.com/blog/moodycow/

カウシェッドのボディローションは、ボディショップのボディバターほどの保湿力はないのですが、ポンプ式(ポンプ別売り)にできて非常に使いやすいです。

ボディショップのボディバターはジャー式で爪の間に入るのが難点なので、ポンプ式はポイント高いですよね。

https://uknaturalbodycare.com/blog/moodycow/

ボディショップのボディバターよりゆるめのテクスチャのため、よく伸びます。

カウシェッドボディローションの成分はこちら

水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、セテアリルアルコール、グリセリン、ステアリン酸、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、シア脂、カカオ脂、ニュウコウジュガム油、ラベンダー花油、酢酸トコフェロール、安息香酸、イランイラン花油、パンテノール、アロエベラ液汁、デヒドロ酢酸、ローマカミツレ花油、セイロンニッケイ葉油、ニオイテンジケアオイ歯油、センチフォリアバラ花油、セイヨウシナノキ花油、ビターオレンジ花油、水酸化Na、チョウジつぼみ油、クエン酸(ムーディカウボディローションの全成分)

成分を見るとボディショップのボディバターほどシアバターは入っていないようですが、シアバター、カカオバターなど保湿力の高い成分が入っています。

こちらも、やはりイギリス製でイギリスのボディクリームは高い保湿力があるのだなあということがよくわかりますよね。

乾燥肌 いとう
乾燥肌 いとう
カウシェッドの香りは全て天然の精油というところもポイント高し! わたしのお気に入りナンバー2です!

購入はこちら

メルヴィータ アルガンオイル

https://world.cosme-blog.com/kansouhada-organiccosme

最後はボディクリームではないのですが、非常に保湿力が高く全身に使えてオススメのメルヴィータのアルガンオイル。フランス製。

個人的にはボディ用で星3.5、顔用に使うなら星5ってところでしょうか。とにかく乾燥肌のわたしを救ってくれた素晴らしいオイル。

https://world.cosme-blog.com/melvitaarganoil

オイルなのにべたつかず、さらりと仕上がるところも良いし、ボディバターやボディクリームよりさらに少量でよく伸びるので、高いけどコスパは悪くないです。

メルヴィータアルガンオイルの全成分はこちら

アルガニアスピノサ核油*,トコフェロール,ダイズ油

アルガニアスピノサ核油はアルガンオイルのことですね。とってもシンプルな成分構成は、さすがオーガニックコスメだなあという感じ。

もともと顔用のオイルなので、ボディではなく顔の乾燥にはすごい威力を発揮します。メルヴィータのオイルを塗ってから化粧水を塗ると化粧水が染み込む染み込む! 保水力も抜群です。

乾燥肌 いとう
乾燥肌 いとう
体だけじゃなくて顔も乾燥するよって人にものすごいオススメします!!

購入はこちら

50代の乾燥肌にオススメのボディクリームまとめ

いかがでしたでしょうか?

50代になると加齢と共に水分も油分も失われていくので、どうしても保湿対策が必要になってきます。

すねが痒い、背中がかゆい、など乾燥で辛くなったらまずはボディクリームで保湿してみませんか? 正直ドラッグストアのボディクリームなんかより全然実感できました!

粉がふいて、掻きすぎて血が出る前に(わたしがそうでした…)早めにボディクリームを塗っておくだけてだいぶ変わってきます。

今回オススメしたボディクリーム

是非是非いちど試してみてくださいね! オススメです!!

乾燥肌 いとう
乾燥肌 いとう
わたしが20年かけて選んだ保湿クリームで、今年の冬こそ、すねが痒くないライフ送ってみてくださいね!
ABOUT ME
編集部 SYO(いとう)
編集部 SYO(いとう)
「華麗に加齢」編集部。華麗女子見習い。敏感肌で超乾燥肌。使ったコスメは2000種類以上のコスメマニア。1年間で-15kg痩せたダイエットの達人。