ニュース・新商品

シニアから始める女性が多い、釣りという趣味

「釣り」という趣味は縁遠いというイメージが私にはあったですが、実のところ「釣り」と「ゴルフ」の人口は同等ということです。「釣り」は生臭くおっちゃんがやるスポーツ、「ゴルフ」はお金持ちのカッコいいスポーツという、誠に勝手なイメージを作り上げていた私ですが、みなさんはどうでしょうか。実は数年前から「釣り」にはまってしまった私が驚いたのは、女性が釣りをするのは高齢になってから始める人がとても多いことだったんです!

どうして高齢になってから女性は釣りをするのか?

この答えを聞けば「ははぁーん」と納得できると思います。
実は高齢になってから釣りの始める女性は、家事で魚を触る機会が増えてきて魚料理をするようになります。つまり魚が身近になるんですね。調理し始めると生魚を触れるようになり魚に抵抗がなくなるというわけです。
そしてひょんなことから釣りをする機会に恵まれ、釣りが趣味になる女性が誕生します。

高級魚が自分で釣れる!

「釣り」というものは、1.堤防で釣る 2. 磯で釣る 3. 砂浜(サーフ)で釣る 4.船で釣る  5.川で釣る 6.湖で釣るという種類があります。ここで説明するのは船で釣るに絞ります。

庶民の味方、鯵が爆釣

船で釣るというのは、つまり海の沖に出て釣りをするという行為。初心者が初めて釣るに適しているのは「鯵」なのですが、半日で20匹前後は釣り上げ、ベテランさんになると50匹以上は軽く釣ってしまいます!

タチウオは何尾釣れれば満足する?

あの細長いタチウオ。スーパーでは一尾をぶつ切りにしてあり小さいですが本物は70cm~100cm。釣りたてのタチウオの美しさに感動して釣りが趣味になってよかったと思う一瞬。意外なことに東京湾で釣れるんですよ。

マゴチって知ってます?

マゴチ、コチとも呼ばれていますが、水深10m20mの浅場でジッとしているです。刺身で食べられる魚で、白身で上品な甘さと歯ごたえのある食感。鳥取の境港では40cm1500円から2000円。中々獲れる魚ではなく、スーパーでも見かけなく一般の方は食べる機会がほとんどない高級魚です。釣り人だけが食べられる特権、主婦は料理に腕がなります。

2019年は東京湾マダコの当たり年!

蛸って釣れるんですよ。今年2019年は、初心者でも東京湾で簡単にガンガンと釣れてしまい毎日のマダコ船は満員状態。スーパーで見かける蛸の足1本400円、丸ごとだったら2500円とか結構高くて、しかも蛸の足1本ではおかずにならない高級魚のひとつです。船代だしてもとってもお得なんです。

寒さを我慢すれば凄いヒラメも!

ヒラメ1匹7000円、10000円しますよ。1匹丸ごと買うこともない高級魚で切り身ばかりの一般家庭が当たり前なのですが、釣りを知っている家庭は自分で釣って1匹丸ごと自分のもの。多い人は半日で10匹位釣ってしまうのです。ちなみに私2回挑戦目で両手持ちの記念撮影。ただヒラメは真冬の釣りなので寒さとの戦いです。

船釣りにはいくらかかる?

趣味を始めるとしたら気になるのはお金。釣りの趣味って一体どのくらいお金がかかるのでしょう。必要なものとして1.洋服 2.長靴 3.釣道具 4.仕掛け 5.乗船料金

洋服は、既存の洋服でも十分可能

釣りに関しては「濡れても下に浸透しない洋服」を着ていればOKです。

夏場は、濡れてもすぐに乾いてしまうのでTシャツ、短パンという服装でも大丈夫。その他の季節は寒くないようにして、一番上にレインジャケット、レインパンツ。できたらゴム製品が一番!私も初心者のころはフリースにGパン。そしてゴアティックスの雨具で済ませました。雨具は300~500円円でレンタル可能な店もあります。

長靴は、ヒールのない普通の長靴ならOK

必須事項は「底が滑らないもの」夏場はサンダルでもOK!冬場はやはり足元が濡れたら大変なので長靴必須です。誰もが持っている長靴ですがヒールがあるものだけは避けましょう。

釣道具は、レンタル可能!

釣道具は、ロッドとリール(道糸つき)から成りますがこれらはレンタル可能です。手巻きタイプは500円、中には無料サービスのところも。電動タイプは2000円が相場。初心者の場合深いところに行かないので始めの一年は手動タイプで十分活動可能ですよ。

また命綱であるライフジャケットはどこの店も無料レンタルしていますから必ず借りましょう。小物系で必要なものは、はさみ、魚つかみ、タオルくらいです。魚つかみがない場合は、タオルで魚をつかんだり工夫すると良いです。

魚を持って帰るクーラーボックスがなければ、スーパーの裏に積んである発泡スチロールを、断っていただいてくるのも手!(くれぐれも無言でもって帰るのはやめましょう)

仕掛け類は、釣りものによって値段が異なる

仕掛けは1つだけ無料サービスをくれる店もあれば、すべて購入する店もあります。事前に釣り具屋で購入するか、釣り船に乗る店に行ってから購入するかは本人次第。釣る魚によって仕掛けが変わり、値段も変わります。一回につき2,3個仕掛けが必要でその他に錘というものが必要。大体1500円位は見積もりましょう。

乗船料は、女性割引あり!

女性の場合は、男性より2割引きから半額まで様々に設定されています。男性は大体1日9000円という料金が多いので半額だと懐が助かりますね。夫婦で釣りをするなら半額だと余計に助かるってわけ。

基本的に半額の店にいけば、交通費+仕掛け+レンタルで10000円以下で「一日遊べて」「魚というお土産つき」と考えれば安い趣味なのです。

釣りを趣味として、意外な知識ができる!

釣りをすると釣り以外の知識ができて、なるほどと思うことが多いのです。

天気予報

まず天気予報士の苦労がわかります。前日までなかなか風の強さや方向が決まらない。突然変わってしまうということに気がつきます。天気は気まぐれなんで想定外なんですね。だから「一週間後の日曜は晴れだから釣りに行く」と予定を立てていても、前日になれば強風で雨ということもざらにあります。

前日まで天候が崩れて中止になるかもしれないという遊びは、気が長くなるかもしれません。その日に絶対にいけるとは限らないので気持ちに何かしらあきらめの気持ちをもたなくてはイライラが募ってしまうのですから。

波高

波は風の強さによって波が高くなります。晴れていても風があれば波高くなり出航も危ぶまれということが予測できるのです。波高7mになったところでダメかという諦めの気持ちが生まれてくる、10mでは家で不貞寝だなとか。

潮の流れ

釣りをしていて怖いなと思ったのは「潮の流れ」でした。波は立っていないので楽な日、船酔いしないなぁ嬉しいなと思って海の中に糸を落としたら、底のほうで渦が巻いていてあちこちに流される。ニュースで「ここの潮の流れは怖い、もってかれる」とかありますよね。あれが常に実感できるのが船釣りです。私は海で泳ぐタイプなのですが釣りをしてからは少し海に入るのが怖くなりましたね。

 

いかがですか、全国どこでも海や川があれば釣りが可能です。初めての人のための釣りスクール、釣り講座も開催しています。気になったら吉日、即調べてみてくださいね。

ABOUT ME
矢藤りりか
矢藤りりか
DINKS街道まっしぐらの人生を歩んでいるアラ還です。根はアホですが、OL歴が30年オーバーなのでアホを隠す方法を身につけました! 『定年後の最高の人生を送る為の4K』の記事によると、4Kは『経済力、健康、家族、生き甲斐』だそうです。ここでは皆さんの生き甲斐や解決のヒントとして手助けになる記事を書いていきたいと思います。